2018年9月5日CD発売!

レコーディング!

午前中から夜まで、大きなレコーディングスタジオで贅沢な体験をさせていただきました!

最初は緊張ぎみでしたが。。

(いろいろ扱い方を教えてもらってるところ↑)

たくさん歌わせていただきました!

3日前位から過剰なほどののどケアに、楽しみながら専念してました(笑)

実は私の叔父も声楽家であり、作曲家でもあるのですが、その叔父の初の作品集に歌手としてレコーディング参加させていただくことになったのでーす!(少し朗読でも参加しています!)

そそそして!

なななんと!

2018年9月5日にCD&楽譜集が発売されます!

ばんざーい!!

タイトルは

『ありがとう こころをこめて』

~こどもにやさしい、歌いやすい、卒園と友だちのうた~

叔父は幼稚園の先生もしており、長年幼児教育に関わっている中でこどものための歌をたくさん作曲していました。

昨今、卒園ソングの定番になっている『ありがとう こころをこめて』は叔父の作品!

その曲も歌わせていただきました。

普段舞台上では、体や表情でお客さんに伝える事ができるけど、レコーディングは『声』のみで情景や感情等を表現しなければならなくて。ずるはできません(笑)

難しかったですが、伝え方、パフォーマンスの仕方、大変勉強になりました。

そして改めて声の力ってすごい!と思いました。

舞台の世界も『1声、2姿、3に顔』と言われるもんね。

右から、ディレクターの早野さん、叔父の奥さんの秀美さん、叔父の山﨑浩さん!

大変お世話になりました。どうもありがとうございました!

自分の声で何ができるのか。

私の『声』の旅は続きます!

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。